肩の力を抜いて

肩の力を抜いて

副業としてのフリーランス。副業・プログラミングネタが中心。

事務系リーマンがWEBサービスを作ろうと思い立って、まず考えたこと

今年のやりたいことのひとつとして、小さくてもいいので、自分の「WEBサービス」を立ち上げたいなと思っている。その決意表明だというわけではないのだけど、今、考えていることをまとめて、整理していきたい思う。WEBサービスを立ち上げ終わった時に、「あっ、こんなこと考えたんだ」っていう記録のために。

WEBサービスを立ち上げようとおもったきっかけ

きっかけは一冊の本。脱社畜ブログを運営している日野さんの書籍「脱社畜の働き方」を読んだこと。

この本の中で、日野さんがエロサイトや、ソーシャルゲームのサイトを立ち上げる話が出てくるんだけと、それを読んですごい楽しそうだなと感じたんですよね。同時期に、ギークハウスで有名なphaさんの「ニートの歩き方」って本でも、WEBサービスの収入で成型をたていてうらやましいなと。二人とも、会社とか組織にしばられず、自分の腕やアイデアだけで生活していて、自分もそんな背一喝を送りたいなと思ったから。あと、単純にプログラミングを勉強していて、作ったものが動くのは楽しい。

今、できること

プログラミング自体には、ずっとまえから興味を持っていて、ちょっとプログラミングの本を読んで、サンプルプログラムを動かしたりしたことはあった。ただ、完全に独学だったし、大学も文系で、仕事もあったりで本格的に勉強していたわけではなかった。(ちなみに仕事も、開発職ではないです)

  • ローカル環境で、Pythonシェルスクリプトで簡単コマンドとかなら実行できる
  • 仕事でSQLは学んだので、データベースの知識は多少あり。(基本、集計するだけなんだけど)
  • 作業できるのは、平日の夜。もしくは土日。ただ、最近は平日は仕事が忙しいので、30分ほどが限界。であれば、週に時間が確保できるのは平日の2時間半(30分☓5日)、週末の5時間☓2日で10時間ほど。
  • そのため、あまり手のかかるサービスはリリースまでに時間がかかるかもしれない。
  • まずはサービスインすることを目標に。できれば3ヶ月〜半年以内でなにかひとつサービスインしたい

ぼんやりと作りたいもの

勉強しながら作ることになるので、なるべく単一のスキルでできること に集中する。また、最初から大きなものはできないので、まず小さくても一通り、サービスインをするところまで完成させるというのが目標になる。

作るものとしては、

  • JavascriptでTwtter APIを利用した画像のスライドショーなど
  • さくらVPSなどのサーバーを利用して公開できるようにする
  • もしくはGit Hub。Git Hubでは静的なページであれば、簡単に公開できると少し調べて、書いてあった
  • DropBoxのPublicフォルダに公開するという方法もあるらしい。
  • とにかく動くものを公開することにこだわる(アウトプットを意識したいなと考えている)

学んでいきたいこと

ざっくり、これらのことを学んでいく必要があるのかなと考えている。きっと、他にもいろいろと出てくるんだろうけど。週に一度ぐらいで、できたことをまとめて、行きたいと思う。自分のやったことをリスト化して、モチベーションを維持する作戦。

  • Git Hubの使い方をマスターする
  • さくらVPSでサーバーを構築する方法を学ぶ
  • HTMLとCSSの基本。デザインをやりたいわけではないので、基本が本を読まずにできるようになるぐらいまで。

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)