肩の力を抜いて

肩の力を抜いて

副業としてのフリーランス。副業・プログラミングネタが中心。

テレビを処分して思ったこと

この度、諸事情により引っ越しすることになった。そこで兼ねてから考えていた「テレビの廃止」を実行することにした。たまたま、友人が結婚を機会に二人暮らしをするタイミングだったので、テレビはその友人夫妻に引き取ってもらった。

テレビがなくなってまず、思ったことは、部屋が広くなった。もともとも32インチのテレビだったので、それほど大きくなったわけではないのだけど、テレビを処分することで部屋が広くなった。テレビを処分したことで、レコーダー、ゲーム機、テレビ台なども処分することができて、配線周りもスッキリした。もともとゲーム機もたくさんあったので、わざわざHDMIを切り替えたりする手間からも開放された。テレビのリモコンも探さなくて住むようになった。

これは逆に考えると、「テレビ」というものを維持するために、「HDDレコーダー」「ゲーム機」「DVD」「テレビ台」といったテレビに関連する他のモノの管理をしていたんだなと、改めて感じた。

http://www.setuyaku-life.net/?p=11444

世の中って 私たちが消費するように、すごくよくできた構造になっています。

意識しないと、ひとつ買うだけで終わりません。

「持たない暮らし」で調べてみたブログにこんなことが書いてあった。たしかにそうだなと自分でも納得。モノを買うと、それと関係のあるものがどんどん増えていく。せっかくテレビを減らしたので、増やさないよう気をつけていこう。