肩の力を抜いて

Relax and Enjoy Programming

肩の力を抜いて楽しむ。楽しみながらラクして成果を上げる仕組みを考える。

はじめて副業で受託開発をやってみた!

こんにちは! タダケン(@tadaken3)です。

現在、本業の傍ら「いつも隣にITのお仕事」というブログで、Google Apps Scriptや仕事効率の記事を執筆しています。

今回は、ブログがきっかけで人生はじめての受託開発の仕事を受注しましたので、その経験をまとめていきたいと思います。はじめての副業、はじめての受託開発の経験になります。

受託開発の経緯

「いつも隣にITのお仕事」プランノーツが運営しています。プランノーツは「IT×働き方改革」をミッションに掲げる会社で、Google Apps Scirptなどで仕事を効率化するためのツールを開発したり、講演・コンサルティングをおこなっています。

今やITやWEBサービスの進化により一昔前よりも格段に簡単にお仕事ができるようになりました。 そしてその多くのツールは比較的安価に手に入れることができます。 しかし皆さんは本業のビジネスでお忙しい。プランノーツが皆さまの働き方改革を支援致します。 引用:プランノーツ ミッション

僕自身も定時に仕事を終わらせたいと思っている人間なので、プランノーツのミッションに共感し、応募させていただきました。

今回は「いつも隣にITのお仕事」がきっかけになり、お仕事をいただくことができました。

プランノーツでのお仕事

プランノーツでのお仕事は、大きく2つあります。

  1. ブログ執筆作業
  2. 開発案件へのアサイン

ブログ執筆

常に開発案件があるわけではないので、普段はプランノーツの集客力あげるために、仕事効率化やGoogle Apps Script等に関するブログ執筆をおこなっています。企画から自分で考え、納期も自分で設定します。もちろん、ブログ執筆にも報酬は発生します。基本リモートワークなので、やり取りはチャットワークでおこなっています。

ブログ執筆時はWEBライティングの指導を受けれるのでとても勉強になります。ノルマがあるわけではないのですが、習慣化したいので僕はすくなくとも週1本以上は執筆するように心がけています。

以前にも、何回かブログ運営にはチャレンジしてたことがあり、その時は3日坊主になっていたのですが、現在は4ヶ月ほど継続して続いています。

継続している理由としては、

  • 自分で設定したとはいえ「きちんと締切がある」
  • 編集してくれる人がいる

が大きいのかなと考えてます。他のパートナーさんも含めて、周りにブログを運営している人も刺激になっています。

あと、ブログ主のタカハシさんがよく焼き鳥をおごってくれます。焼き鳥うまい。

開発案件

プランノーツが受注した仕事の中から、タカハシさんがいい感じに見繕って開発案件を回してくれます。開発案件はブログとは別に個別に契約となります。そのため、仕様を確認し、見積もりをし、見積書を作成して業務委託という流れになります。案件はGoogle Apps ScriptやExcel VBAを使ったツールを作ることが多いみたいです。

今回は初めてだったこともあり、とくに工数見積と単価が一番悩みました。

お問い合わせフォームを使ったシステムだったのですが、最初に実装が重たそうなところ、まだ挑戦したことがない機能を試しに実装して、問題点を明らかにしてから工数見積をおこないました。今回はこれがたまたまうまくハマりました。実際に、実装してみて思わぬ落とし穴があったんですが、そこを事前に発見しうまく見積もりに含めることができたのは大きかったです。ただそれでも、結構見積もりと実際の工数がカツカツだったので、次回はもうちょっとバッファーみようかと思います。

単価というか相場は、よくわかってないので、結構えいやーって決めました。このあたりはスキルをアップしつつ単価を上げていこうと思います。将来的には、交渉スキルもあげないと。

油断するとものすごい時給が下がっちゃうので、見積もりホント大事だなと実感しました。

あと、ブログ主のタカハシさんがよく焼き鳥をおごってくれます。焼き鳥うまい。

f:id:tadaken3:20170626171549j:plain

実際の開発業務

とてもワクワクしました。物作るのはすごく楽しいですね。金曜日にお話を頂いたこともあり、あがったテンションのまま、一気に開発しました。まだ、細かい所の修正はあるのですが、基本機能は一通り実装できたので一安心しています。

今回は土日や平日の早朝をうまく使えたのですが、案件が増えてきた場合、本業に支障がでないようにスケジュール調整もしていかないといけないなと思っています。ぼくはまだ独身のなので、時間を確保しやすかったのも大きかったです。

東京に出できたばかりで、友達が少ないので。リア充爆発しろ。

まとめ

あらためて、工数見積もりの重要性が身にしみてわかりました。副業であっても、フリーで仕事を受けた場合は、すべて自分でスケジュー管理をしなければなりません。せっかくの仕事も、工数見積もりをみあやまって、時給が下がってしまうともともとも子もありません。

繰り返しになりますが、

見積もり、とても大事。バッファーはちゃんと見積もる。

最後に、会社を頼らず自分の力だけで、お金を稼ぐことができたのは、初任給をもらった時以上の感動がありました。この感動は、初めて「ラプラス」を捕まえたときに匹敵します。

次回も、副業をする上での学びや工夫したポイントをまとめていきたいと思います。 どうぞ、お楽しみに!