肩の力を抜いて

肩の力を抜いて

プログラミングネタが中心。ラクして成果を上げる仕組みを考える。

プログラミングを習得するには、とにかく写経することがオススメ

f:id:tadaken3:20170829203949j:plain

こんにちは。
タダケン(@tadaken3)です。

プログラミングを学習する方法は、たくさんあります。入門書、プログラミングのスクール、オンラインでの学習サイト、プログラミングの入門動画などなど。たくさんの方法があってどれが効果的なのか迷ってしまいますよね。

そんなあなたに取って置きの方法をお伝えします。それは写経です。ボクはプログラミングを習得するには「写経」が一番いいと考えています。

とにかく書き写す

プログラミングをはじめて学ぶ方は、まずはサンプルコードをひたすら書き写すのがオススメです。プログラミングは「言語」なので、習得するにはどうしても書いて覚える必要があります。言語なので書けば書くほどうまくなるというのが持論です。

書いているうちにその言語の特徴や文法が体に染み付いてきますし、「書いて動かす」を繰り返すことでプログラミングの勘所みたいなものが養われます。とくにプログラミング初心者にわからなくても書いて覚える写経が効果的です。

書くことでわからないところが明確になる

最初はサンプルプログラムの意味がわからないかもしれません。ですが、それは初めて学ぶことなので当たり前です。本をサラッと一回読んだだけで理解できるのであれば、誰も苦労はしないでしょう。

意味がわからないながらも、コードを自分で打ち込んでいきます。サンプルコードを打ち込んだ後、実際動くかどうか試してみます。するとたいていの場合、うまく動かなかったり、エラーコードが表示されます。

でも、決してめげないでください。

エラーメッセージが出ている場合は、エラーメッセージを読んでみましょう。もしわからなければ、Googleで検索してみます。どの辺に間違いがあるか当たりがつくかもしれません。

もしエラーメッセージを見てもわからなければ、打ち込んだコードとサンプルコードをもう一度チェックしてみましょう。以外なところでタイプミスをしていませんか。

また理解していないメソッドやキーワードがあれば、それを覚えておきましょう。今はわからなくてもあとで調べてみて理解できるかもしれません。

そうやって試行錯誤しているうちにプログラムがやっと動くようになりました!おめでとうございます。

きっと本をサラッと読んだだけでは、理解したかどうかもあやふやだったところまで、理解できたのではないでしょうか。

これが写経の効果です。実際に書いて動かすことで、プログラミングは上達します。

ほんたった」があると写経が捗る

写経をするときは、本をたてておくブックスタンドがあるととても便利です。コレはあるのとないので大きく違うので、プログラミングを始めようと思ったら、まず買っておくべきです。

個人的には、EDISONの「ほんたった」がオススメです。ほんたった」は折りたたみ式のブックスタンドでカバンに入れて持ち運びができるので、会社・自宅の両方で使えます。気分転換にスタバで写経したりもできます。

折りたたみができる分、通常のブックスタンドよりも若干高めですが、それでも2500円程度です。

ほんたった」は通常のバインダーに加えて補助バインダーがついてるので、ページがめくりやすいところも気に入っています。

EDISON ほんたった黒(ハードケース入り)

EDISON ほんたった黒(ハードケース入り)

まとめ

写経は泥臭い方法かもしれませんが、プログラミングを習得するに、より確実な方法です。1日5分でいいので、プログラミングの写経を始めてみませんか。きっと効果が実感できるはずです。

読者登録をお願いします

本ブログではプログラミングについての記事を公開しています。よろしければ読者登録していただけると更新の励みになります。ぜひ一緒にプログラミングを学びましょう。