肩の力を抜いて

Relax and Enjoy Programming

肩の力を抜いて楽しむ。楽しみながらラクして成果を上げる仕組みを考える。

Googleスプレッドシートで作成したグラフをブログやSNSで公開する

f:id:tadaken3:20171007140128p:plain

こんにちは!
タダケン(@tadaken3)です。

Googleスプレッドシートの便利な機能をご紹介します。

スプレッドシートで作成したグラフは画像やインタラクティブなグラフとして公開することができます。スプレッドシートのデータが更新されると、公開したグラフもきちんと自動で更新されます。

今回はサンプルとして、ドル円の為替レートのグラフを作成して、ブログで公開する方法をお伝えします。

スプレッドシートの関数で為替レートの取得する

スプレッドシート為替レートを取得するにはGoogleFinace関数を使います。GoogleFinace関数を使うと株式市場のデータを簡単に取得できます。1

書き方 GOOGLEFINANCE("証券のティッカーシンボル","属性",開始日,終了日)


今回のサンプルでは、ドル円の為替レートを取得するため、ティッカーシンボルを「currency:usdjpy」、属性を「price」にします。日付はTODAY関数を使って直近30日分を取得しています。2

直近30日のドル円を取得 =GOOGLEFINANCE("currency:usdjpy","price",TODAY()-30,TODAY())


A1セルに上記の関数を入力するとこのように為替レートが取得できます。

f:id:tadaken3:20171007134010p:plain

GoogleFinace関数で取得した為替レートは毎日更新されます。為替レートのデータを使って折れ線グラフを作成します。

f:id:tadaken3:20171007134107p:plain

グラフを画像を公開する

作成したグラフを公開するにはグラフ右上の「メニュー」からプルダウンで「グラフを公開」を選択します。

f:id:tadaken3:20171007134326j:plain

グラフを公開する方法を選ぶとURLが発行されます。そのままブログやTwitterなどで公開しましょう。

f:id:tadaken3:20171007134423p:plain

画像リンク以外にも「インタラクティブなグラフ」iframeによるグラフの埋め込みも選ぶことができます。ただ、ブログやSNSで公開するのであれば、スマホタブレットから閲覧されることもあるので、画像リンクにすることをオススメします。

「画像リンク」にした場合も、スプレッドシートのデータが更新されると、グラフの画像も最新のものが参照されます。

今回作成したグラフをブログに貼り付けるとこんな感じです。こちらのグラフは常に直近30日の為替レートのグラフが表示されます。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vTmsE8ge5LiVeWR6oX7V-DSuGgKeitoCy90j1U9uTR9umulosZ5C87FtNpjV06-RrVdG_XaJRlATLpO/pubchart?oid=1901886125&format=image

グラフを「ウェブに公開」した場合も、スプレッドシート自体は公開されません。あくまで、グラフのみ公開されます。

まとめ

今回はスプレッドシートで作成したグラフをブログ・SNSで公開する方法をお伝えしました。

今回のサンプルではGoogleFinace関数を使って為替レートを取得していますが、ImportHTML、ImportXML関数を使えば、証券・為替以外のデータも使ってグラフを作成することができます。

tonari-it.com

これらのテクニックと合わせてみると、様々なデータのグラフを作ってウェブで公開できます。

読者登録、Twiiterアカウントのフォローをお願いします!

本ブログではプログラミングやデータ分析に関する情報を公開しています。よろしければ、本ブログの読者登録もしくはTwitterアカウントをフォローしていただけると更新の励みになります。ぜひ一緒にプログラミングを学びましょう。


  1. 対応しているのが市場が主に米国のニューヨーク証券市場、NASDAQなので、残念ながら日本市場に上場している企業の株価は2017/10/07時点では取得できません。

  2. 詳細はこちらをご覧ください。GOOGLEFINANCE - ドキュメント エディタ ヘルプ