肩の力を抜いて

Relax and Enjoy Programming

楽しみながらラクに成果を上げる仕組みを考える。

運動をつづけるために「運動報告部 for ぼっち」というLINE ボットを作ってみた

こんにちは。
タダケン(@tadaken3)です。

先日、運動を継続するために「運動報告部」というLINEグループを作った記事が話題になっていました。運動報告部をつくったことにより、運動が習慣化できたというお話です。

www.buzzfeed.com

「運動報告部」の実践方法と効果について

「運動報告部」とは社会人になって運動をはじめる→挫折するを繰り返してきたライターの@HikaruYozaさんが編み出した方法です。ざっくり内容をまとめますと、

  • 仲の良い2〜3人で「運動報告部」というLINEグループを作成
  • そこで運動したことを報告する
  • 他の人は「えらい」と運動したことを褒める
  • 会話は基本「報告」と「えらい」に抑える

を実践し、一年間運動を継続できたということでした。

シンプルな運用ですが、とても効果的なようですね。また、運動以外にも応用が効きそうな点が素晴らしいなと感じます。

ただ、一点、問題があるとすると

「運動をする友だちがいないとできない」

ことです。そうです

ぼっちだと実践できないんです。

ボットを作って解決

「運動報告部がぼっちではできない」問題を解決するために、「運動報告部 for ぼっち」というLINEボットを作成しました。

使い方はとてもシンプルで

  • ジムに行ったら「ジム」
  • 走ったら「走った」

というように「報告」をするとボットが「えらい」と言ってくれます。1

f:id:tadaken3:20180107154830p:plain

「運動報告部 for ぼっち」をLINEで友だち登録する

友だち登録する方法は簡単です。以下のボタンを押すかQRコードを読み込んでいただくと、LINEアプリが立ち上がり、友だち登録できます。もしよかったら友だち登録して、試してみてください!

かがくの ちからって すげー!

こちらをクリックするか

友だち追加

QRコードで登録できます。
f:id:tadaken3:20180107152835p:plain

開発環境について

最初はGoogle App Engineでガッツリ作ろうかと思ったのですが、必要機能がとてもシンプルですし、あまり時間をかけたくなかったので、以下の記事を参考にGoogle Apps Scriptで作成しました。2

inside.pixiv.net

ざっくりとして手順はこのようになります。

  • LINE@のアカウントを開設
  • GASでWEBサーバーを作成
  • 返信機能を実装

実装自体は1時間程度でできましたが、どちらかというと、LINE@のアカウント設定に時間がかかりました。(アイコン画像やアカウント説明を書いたりなど)

Githubにコードをあげていますので、ご興味のある方はご覧いただければ!

github.com

ちなみにボク自身は以下の仕組みを利用して、運動を継続しています。よければこちらもご参考にしてみてください。

tadaken3.hatenablog.jp

おまけ

こんな風に励ましてもくれます。

f:id:tadaken3:20180107193351p:plain

読者登録をお願いします

本ブログではGoogle Apps Scriptに情報を公開しています。よろしければ読者登録していただけると更新の励みになります。ぜひ一緒にプログラミングを学びましょう。


  1. ネタで作ったところもありますので、不具合などございましたら、本ブログもしくはTwitterなどからお問い合わせいただけると幸いです。

  2. GASだとスケールできないので使ってくれる人が増えたらちゃんと考えます。